東京爬虫類ショップガイド

東京都内で爬虫類を専門とするペットショップを紹介するサイトです。初心者の方にも分かり易く情報をお届けします。

恵比寿唯一の爬虫類ショップ「ZOO恵比寿」の訪問レポート

更新日:





ZOO恵比寿〜恵比寿駅徒歩2分という立地にある動物たちの楽園

ZOO恵比寿への行き方と場所

JR恵比寿駅の2番出口を出て交差点を渡ってすぐのところに見えてくるネオンの看板。賑やかな交差点からは一変して閑静な住宅街にあるペットショップです。外にある犬の置物が出迎えてくれます。

夕方の訪問でしたがネオンの看板とZOOの文字、ひと目でわかる外観。

店外にも飼育用品がずらりと並んでいます。必要な物はなんでも揃いそうです。足元にもネオンが光ってイルミネーションのよう。

たまに街で見かけるZOOの自動車、まじまじと見るのは初めてでしたがZOOプロってなんだろう。

ZOO恵比寿の名物ペットのポニー、左にはヤギさんがいましたが二匹とも食事に夢中で目すら合わせてくれませんでした悲しい。

 

ZOO恵比寿の広さやペットの種類は?

日曜という事もありお客さんが10人前後とスタッフさんが3,4人と賑やかな雰囲気でした。お出迎えしてくれたのはワンコ2匹といつかは飼ってみたいと思っているヨウム。18時過ぎでしたがうわずった声で「オハヨ!!」と挨拶までされました。いつか迎えにくると心に誓いました。ちなみにお値段は要相談とのこと。

凄いこっち見てくる

恵比寿のマスコットキャラ、白いワンコ通称モロ(勝手に命名)

白いワンコが二匹放し飼いになっています。通称ゴージャス(勝手に命名2)

奥行きのある店内は、明るく商品も分かり易い陳列になっていました。また、ペットの種類も犬、猫、魚、お目当ての爬虫類と幅広く、レジの奥ではトリマーさんたちの姿も見れました。

店内の真ん中にジャイアントラビットのケージがあります。

可愛い犬、種類何ていうのかわかりません。

猫ちゃんもゴージャス

眼力が凄いワシミミズク。最近フクロウカフェが人気みたいですが飼育環境が問題になっているみたいです。飛べないって鳥たちにとって本当にストレスなんでしょうね・・・

 

ZOO恵比寿の熱帯魚コーナー

「熱帯魚コーナー」種類は多くありませんが奇麗な魚がたくさん。

熱帯魚の飼育用品も充実していますね。

淡水魚もいます。

 

ZOO恵比寿の爬虫類の種類、飼育用品は?

「爬虫類&小動物コーナー」大きな種類は居ませんでしたがボールパイソンやコーンスネークイグアナやツノガエル系がずらり。はじめて爬虫類を飼育される方向けのラインナップなので既に飼育されている方には物足りないかもしれませんね。飼育器具は写真の通り品揃え豊富で一式揃えられると思います。

調整中の爬虫類もいますがしっかり表記されているというのは安心ですね。調整中でなくともどんなエサを食べているか、病気はしていないか、管理温度等ヒアリングしてから検討しましょう。

飼育セットもここで全て揃いそうです。

眠そうなヒョウモントカゲモドキ、通称レオパードゲッコー、飼育検討中のマックススノーはいませんでした。

ネザーランドドワーフ(ウサギ)

デグーのカメラ目線頂きました。

ハンドリングはしませんでしたができる種類、できない種類があると思いますのでスタッフさんに声をかけてみて下さい。以上ZOO恵比寿の訪問レポートでした。





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-管理人訪問レポート
-, , ,

Copyright© 東京爬虫類ショップガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.